特徴・取り組み

知多厚生病院は、知多半島南部および日間賀島・篠島における医療介護拠点として、下記の特徴を基に事業を展開しています。

01地域医療への貢献

地域の皆さんが安心して暮らせるよう医療を通じて貢献することが当院の使命です。
急性期から慢性期、在宅にいたるまで、切れ目のない医療を提供していきます。
この地域に知多厚生病院があって良かったと思っていただけるよう日々努力して参ります。

02へき地医療拠点病院(篠島診療所)

当院の診療圏には、篠島・日間賀島の両離島があり、両島住民の健康管理も重要な使命です。篠島には、平成3年に附属診療所を開設し、外来と在宅診療を行っています。

詳細情報

03健診施設機能評価の認定

当院の健康管理支援センターは、日本人間ドック学会による健診施設機能評価の認定を受けております。住民の皆さんの健康を維持できるよう全力でサポートします。

詳細情報・受診案内

04講演・教室等の実施

住民の病気予防・生活改善をお役に立てるよう、各分野・様々な職種による講演等を定期的に開催しています。
主な講演内容
①糖尿病教室 ②肝臓病教室 ③ミニレクチャー・調理実習 ④住民公開講座

詳細情報

05臨床研修指定病院

医学部を卒業した研修医を受け入れ・教育を行うための病院として、厚生労働省より指定されています。当院では、中規模病院ならではの病院全体が一つのチームとして研修医を育てる環境が整っています。

詳細・採用情報

06災害拠点病院

愛知県より「地域災害拠点病院」に指定されており、災害時には、地域の医療機関等との円滑な連携を通じ、重症患者への適切な医療を提供することが求められています。そのため、毎年の災害訓練やDMAT隊の保有など、大規模災害に対応できるよう準備・取り組みを行っています。

PAGETOP