麻酔科

診療内容・認定施設

麻酔は手術中に眠るための手段と思われがちですが、手術中には患者さんへ様々な痛み・ストレスが発生し、身体に変化が起こります。
麻酔科医は、痛み・ストレスから患者さんを守り、手術が安全・適切に実施されるよう、術前・術中・術後に至るまで患者さんをサポートしています。

PAGETOP

取り組み

麻酔の流れ

【術前】
手術予定日の前日に、麻酔科医による診察と麻酔の説明をさせていただきます。診察により、患者さんの状態把握と麻酔方法を決定していきます。
【術中】
安全に手術が実施されるよう、麻酔科医は患者さんのそばで体の状態(血圧・心拍・呼吸・体温など)を観察・管理を行っています。
【術後】
手術終了後、患者さんを麻酔より覚醒させます。その後、病室へ訪問し、状態を診させていただきます。

 

PAGETOP

スタッフ紹介・担当医表

スタッフ

氏名
成宮なつみ
役職
麻酔科部長
認定医の状況等
日本麻酔科学会専門医
医師免許取得
H19年
     

PAGETOP

 

手術実績

  平成29年度 平成30年度
令和元年度 令和2年度
全身麻酔 375 318 339 312
脊椎麻酔 104 80 80 158
局部麻酔 545 504 664 606
合 計 1,024 902 1,083 1,076

 


PAGETOP