乳腺外科

診療内容・認定施設

当科は日本乳癌学会の関連施設に認定されており、知多半島では唯一2名の乳腺専門医が常勤して、乳がんをはじめとする乳腺の様々な病気の診断と治療にあたっています。また、当院のマンモグラフィ撮影技師はすべて女性で、全員が専門資格を有しており、撮影装置・技術については日本乳がん検診精度管理中央機構の認定を受けており、いつでも安心して検査を受けることができます。乳腺専門外来では、マンモグラフィ、乳腺超音波検査、病理検査(細胞診・針生検・マンモトーム)、MRI検査などを受けることができ、確実な診断が可能です。乳癌の治療については、がんの進行状況に応じて日本乳癌学会の乳癌診療ガイドラインに準じて行っております。乳癌の化学療法は、入院のほか外来でも行っており、外来化学療法室は明るく清潔で見晴らしもよく、落ち着いた気分で治療を受けることができます。また、がん薬物療法認定薬剤師、がん化学療法看護認定看護師が常勤しており、いつでも安心で、あらゆる相談に応じています。乳腺について少しでも心配のある方は、遠慮なく乳腺外来を受診してください。

<受診方法>
火曜日午前・午後、木曜日の乳腺外来は完全予約制です。
それ以外の月・水・金曜日午前の乳腺外来は、予約なしでも受診が可能です。
ただし、当日医師の勤務状況を確認の上、受診をお願いいたします。

認定された専門医がいる学会

日本乳癌学会

乳がんの説明動画(知多厚生病院、知多半島ケーブルテレビネットワーク コラボ動画)

第20回 乳がんの術後のケア・リハビリテーション


説明: 知多厚生病院 乳腺外科 川瀬麻衣
内容: 乳がんの治療はこれまで、乳房切除術が一般的でしたが、近年では早期の乳がんには乳房温存療法が行われるようになりました。乳がんの治療法や術後のリハビリテーションについて詳しく解説します。
   

第19回 乳がんの検診と治療


説明: 知多厚生病院 乳腺外科 川瀬麻衣
内容: 乳がんは早期に発見し、きちんと治療を受ければ治る病気と言われています。そのために定期的な検診とセルフチェックが大切です。乳がんの検診方法と治療について詳しく解説します。
   

第18回 知っておきたい乳がんの基礎知識


説明: 知多厚生病院 乳腺外科 川瀬麻衣
内容: 近年、日本では乳がんが増加しています。女性に多い病気であることから、女性の方は特に乳がんについて気になったことがあると思います。そんな乳がんの基礎知識について解説します。
   

第17回 乳腺疾患の基礎知識


説明: 知多厚生病院 乳腺外科 川瀬麻衣
内容: 胸のしこりや痛みに気づいた時、もしかしたら乳がんではないかと心配になることはありませんか?乳がん以外にも乳腺疾患には様々な種類があります。
乳腺疾患の種類や乳がんのセルフチェックの方法について詳しく解説します。
   

PAGETOP

 

スタッフ紹介・担当医表

スタッフ

氏名
保里惠一
役職
第1乳腺外科部長兼
篠島診療所長
認定医の状況等
日本外科学会専門医
日本乳癌学会認定医・専門医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
マンモグラフィ読影認定医
日本医師会認定産業医
日本化学療法学会評議員
臨床研修指導医
医師免許取得
S56年
氏名
川瀬麻衣
役職
第2乳腺外科部長
認定医の状況等
本乳癌学会専門医
日本外科学会専門医
医師免許取得
H16年
   

PAGETOP

 

 

 

PAGETOP