臨床工学技術科

臨床工学技術科について

臨床工学技士とは、医師の指示の下に生命維持管理装置の操作及び、保守点検を行う医療機器の専門医療職です。 近年、医学の進歩に伴い、各種医療機器がめざましい進歩を遂げ、高度化、複雑化が進む中、臨床工学技士は大変重要な役割を担っています。
当院では、2名の臨床工学技士により、人工呼吸器や血液浄化装置などの生命維持管理装置や、種々の医療機器の操作・保守点検を行い、安全で質の高い医療の提供に努めています。 また、医師、看護師、その他医療技術スタッフと連携を図り、チーム医療に貢献しています。

スタッフ

臨床工学技士 2名

主な認定資格

3学会合同呼吸療法認定士 

PAGETOP

業務紹介

医療機器管理業務

主に病棟で使用する医療機器をMEセンターに集約し、一括管理を行っています。医療機器を安全で性能が維持できるよう保守点を行っています。また、病棟での医療機器トラブル対応も行っています。

診療支援業務

人工呼吸器関連業務(使用中点検・回路交換等)、循環器関連業務(心臓カテーテル検査・ペースメーカ植込み・ペースメーカ交換・ペースメーカ外来チェック等)、血液浄化療法関連業務(血液透析・持続緩徐式血液濾過透析・エンドトキシン吸着等)を医師や看護師や他職種と連携を図り行っています。

手術室業務

麻酔器や電気メスの始業点検を行っています。また、手術中の医療機器のトラブル対応も行っています。


 

PAGETOP