眼科

診療内容・認定施設

白内障・緑内障・視力検査など一般的な眼科診療を行っております。 手術では、超音波白内障手術装置を用いた、小切開白内障手術を中心に、眼瞼、翼状片、結膜弛緩症、緑内障、硝子体手術などに対応しています。 また角膜潰瘍、ぶどう膜炎、蜂窩織炎、視神経炎なども必要に応じて入院加療を行っております。

教育施設として認定されている専門医学会

  日本眼科学会

PAGETOP

専門外来・取り組み

白内障について

眼の中のレンズの役割をする水晶体が濁ってしまう病気です。 主な原因は、加齢によるものですが、糖尿病・外傷・紫外線など様々な理由で進行します。 水晶体(レンズ)が濁ることによって以下のような症状が現れます。

・かすむ
・薄暗いところで見づらい
・明るいところに出ると眩しい
・ぼやけて二重にも三重にも見える
・視力の低下

治療方法は、一度濁った水晶体は、目薬で進行を遅らせることはできても、きれいにすることはできないため、手術にて治療します。 基本的には、入院手術が主ですが、目の状態や患者さんの状況により日帰り手術も可能です。

PAGETOP

スタッフ紹介・担当医表

スタッフ

氏名
小原 浩
役職
眼科部長
認定医の状況等
日本眼科学会専門医
医師免許取得
H13年
氏名
加藤房枝
役職
第1眼科医長
認定医の状況等
日本眼科学会専門医
医師免許取得
H20年
氏名
塚田明世
役職
第2眼科医長
認定医の状況等
日本眼科学会専門医
医師免許取得
H22年
 

PAGETOP

 

診療実績

眼科-診療実績

  平成28年度 平成29年度 平成30年度
外来 延べ患者数 10,980 10,237 9,405
一日平均患者数 41.1 38.2 35.5
入院 延べ患者数 1,281 1,029 811
一日平均患者数 3.5 2.8 2.2
平均在院日数 4.4 4.0 2.7
白内障手術件数 345 276 268

平成30年度クリニカルインディケーター(DPCデータより)

入院症例トップ3

傷病名 患者数
白内障、水晶体の疾患 212
硝子体疾患 5
脈絡膜の疾患 2

手術症例トップ3

手術名 症例数
水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 207
硝子体切除術,水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 4
硝子体注入・吸引術 2
硝子体切除術,水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない) 2

 


PAGETOP