皮膚科

診療内容・認定施設 

 当院の理念である「保健・医療・福祉の活動を通じて、地域住民が安心して暮らせる地域社会作りへの貢献を行う」ことを心がけ、地域の皆様、先生方から頼りにしていただける皮膚科を目指します。

教育施設として認定されている専門医学会

日本皮膚科学会認定
専門医研修施設
生物学製剤使用承認施設

取り組み

・アトピー性皮膚炎
・乾癬
・掌蹠膿疱症
・じんましん
・天疱瘡、類天疱瘡
・膠原病
・皮膚良性・悪性腫瘍
・皮膚潰瘍(褥瘡、熱傷も)
・帯状疱疹
・蜂窩織炎
・多汗症(水道水によるイオントフォレーシス治療など)
・円形脱毛症
・男性型脱毛AGA〔自費治療:フィナステリド(ジェネリック薬)、ザガーロ®〕

 上記のように多くの疾患があり、適切な検査(皮膚生検や採血、画像検査)を実施し、適確な診断を行うよう心掛けています。
光線治療に力を入れており、ナローバンドUVB、エキシマライトの2台があります。乾癬・アトピー性皮膚炎・掌蹠膿疱症、円形脱毛症などに有効です。

ナローバンドUVB                エキシマライト
  

また以下のような治療も行います。
①皮膚良性腫瘍・悪性腫瘍の手術や植皮術                 
②深いキズや褥瘡に対する陰圧閉鎖療法
③パッチテスト
④生物学的製剤の投与
・難治性慢性じんましん:ゾレア®
・難治性アトピー性皮膚炎:デュピクセント®、オルミエント®
・化膿性汗腺炎、壊疽性膿皮症:ヒュミラ®
・乾癬:レミケード®、ヒュミラ®、コセンティクス®、トルツ®、ルミセフ®、トレムフィア®、スキリージ®
・掌蹠膿疱症:トレムフィア®

外 来

令和2年度より常勤医1名を迎え入れました。
※ 知多半島内で皮膚科医が不足し、患者さんが集中しています。当日受診にも可能な限り対応してますが、
予約診察・手術に影響が出る場合には当日受診に対応できず、後日の受診をお願いする場合があります。
当日受診時は一度お電話にてお問い合わせください。
                                

皮膚科
予約

TEL0569-82-4394

平日  8:30~16:30


入 院

 常勤体制となり、蜂窩織炎・帯状疱疹などの一般皮膚疾患での入院も再開しています。令和2年度に病床再編を実施し、地域包括ケア病床での入院も可能(入院期間は最長60日迄)です。
 たとえば褥瘡などでご自宅または介護福祉サービスの環境調整に時間がかかってお困りの患者様およびご家族・介護者などのお力になれればと考えています。

地域包括ケア病棟の関係イメージ図       地域包括ケア病棟についてはこちら

スタッフ紹介・担当医表

スタッフ

氏名
吉田有友子
役職
皮膚科医長
認定医の状況等
日本皮膚科学会専門医
緩和ケア研修会修了
医師免許取得
H26年
氏名
松原章宏
役職
非常勤医師
認定医の状況等
日本皮膚科学会専門医・指導医
緩和ケア研修会修了
日本褥瘡学会在宅褥瘡予防・管理師
医師免許取得
H26年
   

 

担当医表

外来診療担当医表[PDF]

 

診療実績

皮膚科-診療実績

  令和2年度 令和3年度
外来 延べ患者数 12,322 13,857
一日平均患者数 50.5 57.0
入院 延べ患者数 1,196 1,434
一日平均患者数 3.3 3.9
皮膚悪性腫瘍切除術件数 18 15

令和2年度クリニカルインディケーター(DPCデータより)

入院症例トップ3

傷病名 患者数
帯状疱疹 23
皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 16
膿皮症 14

手術症例トップ3

手術名 症例数
皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 18
皮膚切開術(長径10cm未満) 3
創傷処理・皮膚採取・骨格筋採取
(筋肉、臓器に達しない、長径5cm未満)
2