医療情報部

医療情報部について

医療情報部門には、医療情報室があり、この中に、医療情報課と診療情報課があります。医療情報課の仕事の目的は、病院の中の情報システムが常に正しく動くようにすることです。そのために、医療情報システムの中枢(サーバー)の監視を行い、正しく動くよう管理をしています。また、医療情報システムで使用される様々な機器が、正しく使えるよう修理、点検を行い、診療の助けとなるように維持すること、壊れてしまったパソコンやプリンターの交換も埃まみれになりながらがんばります。また、職員に対して、システムの使用方法などを指導することも私たちの仕事です。
診療情報課の仕事は、診療の記録を、いつでも利用できるように管理するのが私たちの仕事です。2次的に利用できるデータとして病歴情報を蓄え、関係機関からの問い合わせなどに迅速に対応できるようにしています。患者さんや、裁判所などからのカルテ開示の対応を行っています。
当院では、医療情報技師や診療情報管理士といった情報のスペシャリストを擁し、医療情報が迅速に正しく使われるよう努めています。

chevron_right保険会社等のカルテ開示についてはこちら

chevron_right個人のカルテ開示についてはこちら

スタッフ

医師1名(兼務)、薬剤師1名、事務員2名

PAGETOP

業務紹介


情報システムサーバーの 点検

情報システムの情報を蓄積する機器を、サーバーといいます。これらの動作の記録を調査し、正しく動いているかを確認します、動きに異常が見つかった場合、診療に影響を与える前に修復が行えるように監視の目を光らせています。

医療情報機器の修理

電子カルテをはじめとする医療情報システムは、診療で使用される部分のほとんどがパソコンなどの機械で構成されているため、壊れたりして使えなくなることもあります、そんなとき、診療にできるだけ影響を与えないように機器を交換し、修理します。

診療録の管理

診療記録に含まれている情報は診療の継続、医療従事者の研究および教育・病院経営、公衆衛生上大変重要です。その価値を最大限発揮させることができるよう記録として管理します。


 

PAGETOP