レスパイト入院

レスパイト入院とは

・レスパイト入院とは、自宅療養中の患者さんに一時的に入院していただくことにより、介護者の負担軽減を目指す支援です。
・レスパイトとは、「一時的中断」「休息」「息抜き」を意味します。

ご利用できる患者さん

・介護保険によるショートステイの利用が困難な、医療的処置が必要な患者さんで、体調が安定し退院時に自宅へお戻りいただける方がご利用になれます。治療目的の入院ではありませんので、入院期間中の患者希望による外来受診、検査、リハビリは行えません。
・上記のように退院時に自宅へお戻りいただく患者さんを対象としているため、必ずご自宅(戻り先)が確定している患者さんに限ります。また、入院期間は、原則14日間を限度といたします。
・お薬(内服・点眼薬・インスリン・軟膏・栄養剤など)、医療材料(ストマなど)については、入院期間中の処方はできませんので、利用日数分をご持参ください。
・CSセット(有料)を利用する方は、オプションでおむつプランを利用することもできます。 ※CSセット:寝巻き、タオルなどの入院生活用品の有料レンタル

入院費用

・入院費用は、医療保険での対応となります。ただし、個室料金や食事代は自己負担となります。

申込み方法

・かかりつけ医又はご自身の担当ケアマネジャーを通してお申込みください。

文書ダウンロード用

>レスパイト入院のご案内(PDF)
>レスパイト申込書(PDF)
>レスパイト入院情報シート(PDF)・(エクセル)

お問い合わせ先

・お問い合わせ先:JA愛知厚生連 知多厚生病院 医療福祉相談課 (TEL.0569-83-2207)